やった、グングン良くなってる

こんにちは!うらっちです。
昨日ははじめての鍼、今日ははじめてのお灸。
初めて続きです(笑)。

2008年12月18日

きのうに続き、きょうも鍼灸院にきました。

受付にはきのう同じ先生が待っています。

「こんばんは、よろしくおねがいします」

と声をかけて、すぐに視力から測りました。

結果は、裸眼で左右0.06、メガネで左右1.0で、
裸眼はきのうより0.02良く見えてます。
特にメガネをかけたときは良く見える感じでした。

「これから良くなっていきそう。楽しみだ」

これから鍼治療をするのですが、きのうとは違う部屋に案内されました。

「ここが四つ目の部屋か」

などと思いながら病衣に着替えます。

着替え終わった後、ベットの上で仰向けに寝て待っていると先生がきました。

「きのうはどうでした? 気分が悪くなったりしませんでした?」
「はい、大丈夫でした」
「それはよっかた、ではさっそく鍼を打っていきます」
「おねがいします」

きのうと同じように腕や足の甲を指で触ってチェックをしていきます。

まずは、足から鍼を打ってきました。
その後に手の甲に鍼を打ちます。
そして

「きょうはお腹にお灸しますね」
「はい」
「お腹を温めます」

お腹にお灸を乗せて、火をつけます。
フワ〜と煙が上がりお香のような香りがしてきました。
しばらくすると、お腹がポカポカしてきました。

「気持ちいいなぁ」

と思っていると、段々と熱くなってきてピリピリしてきます。

先生が

「もう少し我慢しましょう」

というので、我慢しました。
きょうのお腹のお灸は、結構熱かったです。

次に両足の甲にもお灸をします。

「足が少しむくんでいるようなので、水分を出しやすいようにしますね」

自分でも足がむくんでいるようには思わなかったのですが、プロが見るとわかるようです。

足のお灸は全然熱く感じませんでした。

お灸が終わった後、うつ伏せになります。

背骨の横あたりの筋肉を入念に触って、鍼を打っていきます。

「背中もお灸しますね」

と2つ、お灸をしました。
背中は熱い感じが全然しません。
気持ち良くなってきて、寝てしまいそうでした。

ウトウトしていると、

「きょうはこれで終わりですよ」

と声をかけられました。

「えっ、もう終わり」と思いましたが、鍼灸院に来てから1時間経っていました。

「きょうも強めに打ったので、ゆっくり身体を起こしてください」
「はい」
「めまいなどはないですか?」
「はい、大丈夫です」
「ではきょうはこれで終わりです」
「ありがとうございました」

お礼をいって、洋服に着替えました。

着替えた後、受付に戻って視力検査をします。

結果は治療前と治療後では変化はありませんでした。
が、きのうよりもさらにクッキリと物が見えます。

「数値には出なかったけど良くなってるんだな」

先生も

「この調子なら、よくなりそうですね」

といいてくれました。

「いや〜、しかし、鍼治療で効くんだな。すごいなぁ」

とつくづく思いました。

家に戻りまず、視力検査をします。

「きのうより、良く見える気がする」

結果は右目、1.35メートル、左目、1.35メートルでした。
5センチですが見えるようになっています。
気のせいではありませんでした。

「やった、グングン良くなってる」

うれしくてしかたありませんでした。

●きょうの視力測定結果

裸眼
右目:1.35メートルで0.1 ↑5センチUP
左目:1.35メートルで0.1 ↑5センチUP

前へ次へ