3週間ぶりに屈折度数を測る

こんにちは!うらっちです。
おかし、おかしい、絶対何かがおかしい(笑)

2008年12月15日

きょうは会社が終わった後に先輩と一緒に、屈折度数を測りにメガネ屋にいきます。

きのうまで旅行にいっていて、できるだけメガネを外して生活していました。
少しはよくなっているといいなと思います。

メガネ屋に行くときはもちろんメガネを外していきました。
先輩と「屈折度数がよくなっているといいね」と話ながら向かいます。

メガネ屋のある商店街を歩いているとき、二人ともメガネを外していてよく見えなくて、見間違えて違うお店に入りそうになりながらいき、メガネ屋に着きました。

きょうは見なれない定員がいます。

いつものように先輩から、屈折度数を測ってもらいます。

見なれない定員は新人のようで、屈折度数を測るのに少し手間取っているようでした。

先輩の測定が終わり、いよいよ自分の番です。

測定機の前のイスに座り、あごを測定機の台の上に置きます。
目の前の穴からは、草原の中の赤い屋根の家が見えました。

「一度、目を閉じてから目を大きく開いてください」といわれたので、一度、目を閉じて精一杯目を開きます。

カチカチと音を立てて、ピントが合ったり、ずれたりします。
「よくなってますように」と祈りながら、赤い屋根の家を見ました。

測定が終わり、測定の数値を手渡されました。

「よくなってるかな?」と数値を見てみると、

右−4.00、乱視−1.00
左−3.75、乱視−1.00

でした。

前回が
右−4.25、乱視−1.00
左−4.00、乱視−0.75 (別のメガネ屋)
でしたので、屈折度数はほんの少しだけよくなっています。

「こんなもんか、おかしいなぁ、もっとよくなってると思ったのに」

まあ、納得いきませんが数値が出ているのでしかたありません。
屈折度数は屈折度数として、明日はいよいよ鍼治療です。

鍼治療ははじめてで、どういったものなのかわからないので不安です。
痛いのか、痛くないのか、想像ができません。
期待と不安が入り混じっています。

家に戻ってから、近視性乱視のトレーニングの五大基礎訓練と3Dイラストでのトレーニングをやりました。

トレーニングのあと、視力検査をしました。

視力検査の結果は裸眼で右目、1.3メートル、左目、1.3メートルできのうと同じです。
確かに視力はよくなっていると思いました。

●きょうの視力測定結果

裸眼
右目:1.3メートルで0.1
左目:1.3メートルで0.1

前へ次へ