屈折度数を測る

こんにちは!うらっちです。
メガネしてなくても結構分かるものですね。

2008年11月8日

きょうは朝から雨が降っていて、薄暗く寒いです。

「サプリメント」を1粒飲んで、視力検査をしました。
裸眼から測ります。
1.5メートル離れて、0.1の「C」マークを見ます。
そして、少しづつ近づいていき「C」マークの向きがわかったところの距離を測りました。
1.2メートルでした。

メガネをかけて2メートル離れます。
1.0の「C」マークを見て、向きが見えるところまで近づきました。
距離を測ると、1.8メートルでした。

きょうは屈折度数を測るために先輩とメガネ屋に行きます。
駅で待ち合わせです。
駅に行くときも、メガネを外していきました。
メガネがないと駅などの人込みを歩くのはこわいです。

駅に着いて、先輩が来るまで「遠くの看板などを10秒見て、足元を10秒見る」を繰り返す目のトレーニングをしました。

待ち合わせのとき、メガネを外しているので先輩が来ても「気が付かないかも」と思いましたが、なんとなく先輩らしき人が歩いて来るのが見えます。
先輩かな? と見ていたら、やはり先輩でした。
メガネを外していても見えるようになってきました。
これもトレーニングのおかげだと思います。

無事に合流できましたので、メガネ屋に向かいました。

メガネ屋に着くとすでに先客いました。
「少しお待ちください」とのことなので、少しの間待ちます。

自分たちの番がまわってきました。
前回測ってもらった店員さんに屈折度数を測ってもらいます。

ここ2週間、目のトレーニングを続けてきたので「よくなっているだろう」と期待がふくらみます。

結果は…

右‐3.75、乱視−1.00
左−3.50、乱視−0.75

でした。

前回が

右‐3.75、乱視−1.00
左−3.25、乱視−0.75

でしたので、右目は変わりありませんでしたが、左目の屈折度数が0.25悪くなっています。

最近はメガネを外してもぼやけ方が少なくなってきていたので、納得いかない感じがしました。

「よくなってたんじゃなかったのか…」

なんだか悔しいです。

メガネ屋を出た後、先輩に「目の日向ぼっこは天気に左右される。懐中電灯を使えばいつでもできる」といわれました。

「おお、なるほど!」

ということで、懐中電灯を100円ショップに買いに行きました。

いろいろな懐中電灯があるなかで、目が覆えるくらい大きめの懐中電灯(単1形 電池2本使用)を2つ購入しました。
2つ買うのは両目を一度に照らすためです。

先輩とわかれて、家に着いてからさっそく懐中電灯で目の日向ぼっこをします。

懐中電灯を袋から出して、単1形乾電池を2つ入れて準備完了です。

懐中電灯のスイッチをオンにしてから、目をつぶり両目の前に懐中電灯を2本当てました。
太陽ほど明るくありませんが、思っていたよりも明るくて効果がありそうです。

30秒ほど目に懐中電灯の光を当ててから、今度は懐中電灯のスイッチを切り両目を両手のひらで覆って暗くします。
これも30秒ほど続けました。

3回繰り返して、目を開いて見るとすっきりとしていて、物が見えやすい気がします。

「よーし、懐中電灯でも効果ありそうだぞ」

この後、3Dイラストで目のトレーニングを5分ほどしてから視力検査をしました。

メガネを外して、1.5メートル離れます。
「C」マークを見ながら、近づいていきました。
向きがわかったところで、止まり距離を測ります。
右目、左目、両目ともに1.2メートルでした。

今度はメガネをかけて、2メートル離れます。
近づいていき、「C」マークの向きがわかったところの距離を測りました。
右目、左目、両目1.8メートルときのうと変わりありません。

●きょうの視力測定結果

裸眼
右目:1.2メートルで0.1
左目:1.2メートルで0.1
両目:1.2メートルで0.1

メガネ
右目:1.8メートルで1.0
左目:1.8メートルで1.0
両目:1.8メートルで1.0

前へ次へ