メガネ屋にて屈折度数をはかる

こんにちは!うらっちです。
それでは、本日に日記です。

視力を良くしたいのですが、まず自分の目がどのような状態なのか、メガネ屋に行って屈折度数を測りたいと思います。

たしか商店街のビルの中にメガネがあったことを思い出し、向かいました。
夕方の7時近いですが、まだやっている時間だと思います。

ビルの前にきましたが、シャッターが閉まっています。
「あれ、時間が遅かったかな?… もしかして、きょう定休日かも!」
2階のフロアは電気がついていて、明るいので2階に行ける階段を上がりましたが、レストランがやっているだけで他のお店は閉まっています。

きょうは屈折度数は測れないかなと思ったとき、もう1軒、メガネ屋があることを思い出しました。
急いで向かいます。メガネ屋の前に着ましたが、すでに電気は消えています。もう閉まっているようです。

あきらめて、帰ることにします。

帰り道に商店街があるので、「メガネ屋があるかも」と思い、一応通って行きます。
飲食店や洋服屋やらいろいろなお店がありますが、メガネ屋はなさそうです。

お店のある通りも、もう終わってしまいます。
「やっぱり、なかったか」と思ったとき、ふと横と見たら「メガネ」の文字がありました!

「あっ、あった! よかった」とお店に入っていきます。

メガネ屋の定員に「屈折度数を測りたいのですが」といって、測ってもらいました。

屈折度数を測るときに、メガネのレンズの度数も測るといわれたので、メガネを渡しました。

どうぞと促されて、イスに座り何やらよくわからない機械にあごを乗せて覗きこみます。
草原に赤い屋根の一軒家が見えます。

カチカチッと音がして、勝手にぼやけたりピントがあったりします。

なにが起きているのか、まったくわかりません。

「なにが起こっているんだ」と思っているうちに、検査は終わってしまいました。

こんなので測れたのか? と思いつつ、検査結果を見せてもらいました。

屈折度数を下に書きます。

右‐3.75、乱視−1.00
左−3.25、乱視−0.75

果たしてこの屈折度数がどのように変化していくのか、楽しみです。

裸眼で視力を測ってもらいましたが、両目で見てなんと0,05でした。
「本当に目が悪いんだな」と思いました。

ところで、先程渡したメガネですが、鼻当てを無料!で交換してもらっちゃいました。
「ありがとうございます」とお礼を言って、お店を後にしました。
メガネの度数を測るとか言ってたけど、聞くの忘れました。
どうなったんだろう。

前へ次へ