屈折度数測定。少しはよくなったものの…

昨日、うらっちさんと屈折度数を測りに行きました。

私の仕事はパソコンを一日中使う仕事なので、かなり目を酷使します。
さらに、自宅に帰ってからもネットをやるので、目が休まるときがありません。

わかってはいるんですけどね。。。
ある種の中毒かも(苦笑)。
視力回復には敵ですね。

さて、本題。
仕事が終わり、メガネ屋さんにつくまで、うらっちさんと楽しく話をしながら向かいました。
うらっちさんの今やろうとしてることや、自分の今やっていることなどの情報交換をしながらのひと時。
あっという間に過ぎました。

メガネ屋さんにつくと、今日はお客さんがいません。
もしかしてラッキー?
と、思いながら、「こんばんわー」と声をかける。

出てきた店員さんはいつも、屈折度数を計ってくれる男の店員さんで、顔を見るなり、「どうぞー」と声をかけてくれる。
これも、お土産にせんべいを実って行ったり、うらっちさんが旅行のお土産を買ってきたおかげだ。

本日はうらっしさんが最初に計測。

しばらくまって、自分の番が来た。

前回は、過去最悪の記録だっため、これ以上悪くなったらどうしようかと不安になりながらの測定。

屈折度数
右 -9.75
左 -6.00

乱視
右 -0.75
左 -2.50

屈折度数の右は変わらず、左は0.25と少しよくなった。
とはいえ、一番いいときよりはかなり悪い。

乱視は右が0.25改善し、左は変わらず。
乱視は、定期的に計測しだしてから、1.5から0.75へと半分の数値になった。
この点だけはかなりうれしい。

ただ、視力回復が目標なので、こちらもなんとかなってほしいが…。

最近、気が緩んできているので、鍼治療に行こうかな。

前へ|次へ